Aiko

2014年1月26日 日曜日

岡潔先生と猫                         中目黒・代官山の美容室Tavi Blog





現在読書を封印している私が
一日、
半ページでも読みたい、
半ページで大満足の本があります
(本を読み始めると他のことを忘れてしまうので
育児放棄しそうな自分が怖くて封じています)

『岡 潔』先生の本です
Favoriteコーナーでも『春宵十話』
を紹介させていただいています

岡先生は数学者であり世の中と隔絶して研究に没頭されながら、
晩年は、高度成長期の日本人の心の
あり方に警鐘をならし様々な言葉を残されました

今日はご著書の中から冒頭のそでを含む
『情緒と創造』の一説を

先生がある日捨てられている仔猫に出会い、
ミルと名付けて飼われました
ミルは、立ち上がると左肩にいつもひょいと
乗って離れないくらい懐いていたそうです

食事のときに膝元で一切れの
刺身をもらって嬉しそうな顔をするミルを見て
先生はふとお考えになりました

『ミルはいったいもらう刺身そのものがうれしいのだろうか、
それとも刺身をもらうことによって、かわいがってもらっている
ということを確認して満足しているのだろうか。』

先生は試してみられ、ミルが刺身を目的としているのではなく、
今日も刺身をくれるという行為を確かめたいのだとわかったそうです

このエピソードは、こころ という章にある
信頼するという気持ちを書いたものです

動物と一緒にお住まいになったことがある方には
このエピソードが沁みると思います

ミルと同じ元捨て猫で、目が合うと飛んでくる飼い猫に
いつも思ってくれてありがとう
と念じてみました

通じたかな?ケチャ







投稿者 Aiko | 記事URL

2014年1月22日 水曜日

商品をお買い上げの皆さまへ                   中目黒・代官山の美容室Tavi Blog



Taviでは、
商品をお買い上げの際にお持ち帰りいただくバッグを
手作りしております

改良を重ね、無駄が出なくて、縫いやすいこの形になりました
持つと、ちょっと面白い格好になります

生地も毎回変えています

あえて端を切りっぱなしにして縫った後、
洗いをかけてTaviのロゴが入ります
地味ですが、毎回お客様の顔を思い浮かべながら
どなたにもらわれて行くか楽しみにしながらの作業です

スタッフは、デジカメ入れ、ポーチとしてなど
かばんの中の小物類の整理や、プレゼントを入れる
袋として再利用しております

『旅』のお伴にもTaviバッグを選んでいただけたら
なお嬉しいです







投稿者 Aiko | 記事URL

2014年1月10日 金曜日

さくらとうめ                          中目黒・代官山の美容室Taviブログ


pic20140110155405_1.jpg

咲いていました
公園で木登りしてる男の子がいて
『さくらきれい!』と教えてくれました
すてきな感性です

時期が早すぎると思って調べたら
『十月桜』
秋と春の2回咲き
秋冬は八重だそうです


pic20140110155405_2.jpg

桜はもう咲いてるのに、
去年漬けた梅干し食べてないっ
と思い出して初出し

...この子は、すっぱかったです
塩、足りなかったようです
梅干し作りは、今年で4年目
まだまーだ未熟者です

はかりが壊れたまま、ときにはTaviの
スケールをこっそり借りたりしながら
作ってきましたが、やはり梅干しには
大体が通じないようで

そもそも、はかりは東日本大震災のときに
落下して壊れたのでした

最初に梅を漬けたときは震災前で、
あの頃は、もっと大らかに食材を選べたのに
と毎年シミジミ思ってしまいます

けれども
摂り入れるものは然り、
ですが、排出が更に大切ですね

梅干しを食べて免疫を上げて
今年も滞りなくいきたいと思います

投稿者 Aiko | 記事URL

2014年1月 6日 月曜日

かまど神さま                          中目黒・代官山の美容室Taviブログ




明けましておめでとうございます

天候に恵まれ、暖かで穏やかなお正月を
みなさまお過ごしになったことかと思います

お正月といえば、お餅に年越し蕎麦、お節にお雑煮...と
おいしいもの続き
今年も『日本人に生まれてよかった〜』です

ということで
年明け最初のブログは食べ物の話題から

我が家では炊飯器を買ったことがありません
何を使うかと言えば、これ



実家で譲り受けた今はなきおばあちゃんの羽釜(年代不明)
この写真、大人しく見えますが火がついていて稼働中です

炊飯は、ルクルーゼ→土鍋→圧力鍋ときて、
現在こちらに夢中です

炊き方は、土鍋と同じくらいかなと思いますが
軽くて取り扱いが楽、そして炊いているときの
湯気の風情と蓋の木の香りがすてき
ご飯を大切に思う気持ちも倍増です

そしてお味の方は...
もちろん最高です!
でもやっぱり実家の母の味には敵いません

毎日炊くご飯
何となくでこなしてしまいがちですが、
達人は、どんな炊飯道具を使っても
同じように最高に美味しいご飯が
炊けるそうですね

そこには、季節によってお米の扱いを変えたり
食べる人の体調を気遣ったりという細やかな
愛情の蓄積があるのだと思います

今年は少しでももっとおいしいごはんが
炊けますように
そして手頃サイズで少々の保温力もあって
すてきなお櫃が見つかりますように

かまど神さま、今年もお見守りください

みなさまにも今年も、
美味しい!チャンスが沢山訪れますように!!

最後に、日本人に生まれてよかった〜
とっておきの一枚を
蓋オープンの瞬間です
湯気、届きますでしょうか〜





投稿者 Aiko | 記事URL