Aiko

2014年7月31日 木曜日

夏休み あばたをえくぼに                    中目黒・代官山の美容室Tavi Blog



あんまり美しくない写真を申し訳ありません

先日、久々にやけど致しました

メインに盛る野菜、あと一品、忘れたー
とバタバタ茹でましたら、鍋の縁で
ジュー

普段、自分でも疑問に思うくらい料理に
時間がかかるので、料理中の怪我にはあまり
縁がなかったのです

"料理に時間をかける(かかる...)"ことに関しては
故松本光司先生のお料理教室
先生があんまり一工程一工程、丁寧にゆっくりと
お作りになるので、伺ったところ

『(お料理は)あんまり急ぎません』
とのお言葉をいただきましたので
勝手に良しとしておりますが、

やはりやけどはいただけません
こんなに小さな範囲でもじくじくずきずき、
一晩保冷剤で冷やしたらこんな痕が

このまま傷パワーパッドを貼って治そうかとも
思いましたが、思い切ってこうしました



普段から、ありのままを生かすのが好きなのですが、
今回は、鍋の縁の形に残った傷が、笑った口に見えたので
いつも笑顔がくっついているって素敵だなーと
思ったわけです

目鼻が消えると娘が教えてくれます

ずーっとの一緒の夏休み、
朝昼晩ごはんの準備ばっかりだ
ってぼやきたくなったりもしますが
ずーっと一緒に居られるのなんて
今のうちだけ

夏休みの思い出に

いつか衝突して般若の面相になってしまったら
この傷を見て、笑っているいつかの私を
思い出してくれたらいいなー、(希望)

巣立ってしまったらこの傷を見て、
何にもないけど楽しかった日々を
じんわり懐かしく思うのだろうな、(考え過ぎ?)

とあばたもえくぼの傷に思いを馳せてみました

これまた例のように、治したくない傷だから
治っちゃったりするんでしょうけどね



投稿者 Aiko | 記事URL

2014年7月27日 日曜日

継ぐ                              中目黒・代官山の美容室Tavi Blog



先日、渋谷区の旧代々木学童館『かぞくのアトリエ』に伺いました

こちらは、子どもの遊び場が充実、
厳選されたおもちゃと空間を備え、
親子教室やアートスクールを定期開催している
素晴らしい施設です

伺ったのは、アートスクールの『かんたん金継ぎワークショップ』に参加するため

ずっと興味はあったものの、なかなか踏み入れられなかった金継ぎの世界

今回は、先生のご指導のもと、扱い易い『新うるし』を使って
比較的『かんたん』にとても楽しく食器を生き還らせることができました
(やはりデザインに関わるため、
センスが大いに問われるということが分かりました!)

Taviで活躍してきた湯のみは
金と銀で継ぎ更に味わいを増し、



骨董店にあるときから割れていたメダカ紋のお皿は
この通り
手にしてから十数年、初めて使用可能な姿に



メダカ紋のお皿、上部の銀色の三角形部分は、破片がなく
一から樹脂で繋いで継いだものです

割れていて危なく、仕舞い込んでいた陶器が
(思い切り手前味噌ですが)こんなにきれいに、
生き還るなんて、とても感動しました

本来の漆を使った継ぎ方だと、とても素人が1人で
扱えるものではないようなので
大変ありがたいワークショップでした

かぞくのアトリエの施設は、
築?十年とお見受けできますが、
低層のとても雰囲気のある建物で
大切に継がれてきたお庭など
一朝一夕には手に入らないもの

形あるものもときには見えないものも
作るとき、選ぶときは
慎重に
継いで残していきたいと思えるもの
だけを手にして継いで

次世代に渡したいと
改めて思う1日となりました

桃が美味しい季節になりましたね




投稿者 Aiko | 記事URL